最近のお知らせ

工事中・・・


★まとめ記事へのバナー


代替文字 代替文字 代替文字
代替文字

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

Android有料アプリ灰課金通信 21 シンセアプリ「WaveSynth for Android」を試してみる

WaveSynth1

残念ながらiPhone/iPadに比べ、Androidは音楽プレイ系アプリがしょぼいです。

ReBirthがAndroid版でもあれば最高なんですけどね。
(※ReBirth→プロペラヘッド社のソフトウェアシンセ)
でも無いものは無いので現在あるアプリでプレイや製作に挑戦したいと思います。


クリムゾンテクノロジー社のシンセサイザー
「WaveSynth for Android」を試してみました。お値段199円


このアプリ、Androidの端末違いによる音質の差がないです。
すばらしー。




WaveSynth2

デザインはスマホでもタブレットでも一緒です。
(端末はHTC EVO WIMAXとICONIA TAB A100)


特徴は
・General MIDI (GM)規格準拠の128音色および1ドラムセット
・ピッチベンド機能
・ポルタメントOn / Off設定
・モノモードOn / Off設定
・リバーブ/コーラスエフェクト搭載
※OS2.3以上必要


3バンドでいいのでイコライザーがほしいところですねー。
あ、あとアタックの調整も。
タッチベロシティはiPadでは可能なのでそのうちAndroidでも対応するかも?


↓画面クリックでグーグルプレイへ飛べます
代替文字



音源としての利用はちょっと無理かなって感じですが
Androidの楽器アプリの中では優秀な気もします。


画面のスクショを含めた詳細は続きへ



★アプリの画面


WaveSynth3

画面はシンプルで2オクターブ。(設定で1オクターブにも変更可)
一番右上の黒鍵は反応しません。

ちなみに
HTC EVO WIMAXは2和音まで。
ICONIA TAB A100では4和音まで同時にタッチイベントを処理できました。

ということはアプリではなく端末によって性能が変わるということですねー。
これは開発側からはどうしようもないな・・・。




そして128音色+ドラムキットの番号一覧です。

WaveSynth4
WaveSynth5
WaveSynth6

スクリーンショットでは見難い!!すいません。
番号は統一規格なんでWikiの表もご参考に→General MIDI Wiki








WaveSynth7 WaveSynth8

エフェクトのコーラスとリバーヴは設定で変更します。
それぞれON/OFFと深さも調整できます。








WaveSynth9

タブレットで1オクターブ表示にすると流石に押しやすくなります。

このアプリの優れているのはオルガンとかの場合、サステインが永続的なところ。
画面のように「C#dim7ってどんな和音だったっけ?」という
ポピュラーソングにはお目にかかれないコードも楽器なしで確認可能です。


ただし情熱的な演奏ができるかといえば「NO」です。
高速な処理はおそらくタッチパネルの問題で対応できない感じです。

専門学生とかのセオリーの授業で鍵盤が机にない時とかは重宝するかと。




↓画面クリックでグーグルプレイへ飛べます
代替文字








スポンサーサイト

 

テーマ : androidアプリ
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : 有料アプリ 音楽

コメントの投稿

Secre

ブログ内検索

Google Play
代替文字

最新記事

アーカイブ


カテゴリー
Special Thanks
ドロイドちゃんサイトバナー
「ドロイドちゃん」さん

リンク
・ j-proのAndroidアプリ紹介
・ Androidのかゆいところ
・ ガジェット活用探偵事務局
  • ・ 管理画面

  • アマゾン 1号
     厳選!Bluetoothの商品なら
     Android Office Store へGO!

    アマゾン 2号
    タグ


    忍者AdMAX


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。