最近のお知らせ

工事中・・・


★まとめ記事へのバナー


代替文字 代替文字 代替文字
代替文字

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

いまさらAndroidアプリ開発記事 開発環境編 ⑥ADTとAVDの設定・編集

ADTセット11

この記事でADTとAVDの設定を変更・編集してEclipseの環境は一通り完成です。
画面のようにエミュレーターを作成するところまで進んでみます。






★ADTの設定・編集の手順

ADTセット1

Eclipseを起動して、まず「ウィンドウ」→「設定」とクリックします。







ADTセット2

「一般」→「ワークスペース」の順にクリック。
エンコードを「UTF-8」に変更して「OK」ボタンを押下します。







ADTセット4

続いて「Android」をクリック。
ロケーションを「Android SDK」を保存したファイルに変更して「OK」。







ADTセット5

そうするとSDKにインストールされているリストがでてくるので「OK」で閉じます。







ADTセット16


続いてAndroid仮想デバイス(Android Virtural Device)を作成します。
仮想デバイスは、簡単に言えばPC上で動く端末と思えばいいと思います。

まず「AVDマネージャー」をクリック。







ADTセット9

「新規」をクリックします。
(画面は作成後のものです。)







ADTセット8 ADTセット10

「名前」はなんでもいいです。(Verが分かるネーミングがオススメです。)
「ターゲット」も好きなものにしてください。(OS2.2か2.3くらいでいいかなー?)
「スキン」と「ハードウェア」はデフォルトのままでいいと思います。

作成したデバイスをクリックすると「起動」できるようになります。
ディスプレイサイズが「3」になっていますが「6」くらいの方が見やすくなります。







ADTセット3

無事エミュレーターが起動しました。(起動までには結構時間がかかります。)
せっかくここまで来たので英語表記を日本語に変更したいと思います。







ADTセット3 ADTセット6

画面下の「メニュー」、一覧から「Settinngs」をクリック。







ADTセット15 ADTセット12

「Language & keyboard」→「Select language」をクリック。







ADTセット131 ADTセット14

恐らく最下段に「日本語」があります。
設定できたらキーボードの近くにある「ホームボタン」を押下して戻ります。

以上で開発環境は出来上がりです!








スポンサーサイト

 

テーマ : お勉強
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : アプリ開発

コメントの投稿

Secre

ブログ内検索

Google Play
代替文字

最新記事

アーカイブ


カテゴリー
Special Thanks
ドロイドちゃんサイトバナー
「ドロイドちゃん」さん

リンク
・ j-proのAndroidアプリ紹介
・ Androidのかゆいところ
・ ガジェット活用探偵事務局
  • ・ 管理画面

  • アマゾン 1号
     厳選!Bluetoothの商品なら
     Android Office Store へGO!

    アマゾン 2号
    タグ


    忍者AdMAX


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。