最近のお知らせ

工事中・・・


★まとめ記事へのバナー


代替文字 代替文字 代替文字
代替文字

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

Opera Miniを「config:」でカスタマイズ ③「Site patches and user-agent masking」

ミニコンフィグ1

オペラミニの「config:」3段目です。

③Site patches and user-agent masking
パッチの使用とユーザーエージェントをマスキングするか

を、見てみたいと思います。


簡単に言えば、オペラで閲覧できないサイトを見れるように修正します。
という機能です。(機能を使っても見れないサイトはあるかも?しれないです。)


スクリーンショットと一緒に用語の説明も併せて記事にしたいと思います。





★コンフィグの画面

ミニコンフィグ3-1 ミニコンフィグ3-2

3段目の「Site・・・」を選択します。Yes/Noの2択だけです。
内容はIEでの閲覧を前提にしているサイトを見れるかどうか?という感じです。



※ユーザーエージェントのマスキングとは?(簡単な説明です)

Webへアクセスするときに使うプログラムのことをユーザーエージェントといいます。

「http~」へリクエストする際、ブラウザの種類も申告している訳です。
(アクセス解析でブラウザの種類がわかるのはそのため)

「インターネットエクスプローラー」は独占的にブラウザ界のシェアを占めていた
過去があり、IEでしか表示できないサイトなんかも存在します。

その対策で、ブラウザの種類を覆い隠す(偽装する)ことを
マスキングするといいます。




※パッチとは?

正しく表示するために、ファイルの一部を修正するとの理解でよいと思います。








ミニコンフィグ3-3
 ミニコンフィグ3-4

OperaMiniでX-boxのサポートページを開いた画面です。
「Site・・・」がYesの場合は表示されますが、Noの場合は見れません。

MicroSoft関連のページは「IEで見たまえ!」ということなのでしょうか?



こういったページの表示はブラウザの性能の問題とは言い切れないですけどね。
設定は無難に「Yes」でよいと思います。







スポンサーサイト

 

テーマ : androidアプリ
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : ブラウザ 無料アプリ

コメントの投稿

Secre

ブログ内検索

Google Play
代替文字

最新記事

アーカイブ


カテゴリー
Special Thanks
ドロイドちゃんサイトバナー
「ドロイドちゃん」さん

リンク
・ j-proのAndroidアプリ紹介
・ Androidのかゆいところ
・ ガジェット活用探偵事務局
  • ・ 管理画面

  • アマゾン 1号
     厳選!Bluetoothの商品なら
     Android Office Store へGO!

    アマゾン 2号
    タグ


    忍者AdMAX


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。